静岡バイオマス発電 森に力を、森から力を

事業案内
PROJECT

HOME > 事業案内

基本方針

image

私たちは、政府の再生可能エネルギーに呼応して、事業採算性が取れず、手入れの行き届かなくなった森林の整備・再生を促進します。そして、その手段として、これまで活用が適わなかった木を有効活用していきます。

こうした木材は、一般的に「未利用材」と言われていますが、これまでは打ち捨てられ、朽ち果てるしかありませんでした。しかし、50年ほど前には、こうした木材は薪や炭として活用され、重要なエネルギー源として日本人の生活に密着していました。日本の文化は、一本の木を、柱に、床に、紙に、燃料にと、無駄なく活用してきたのです。
私たちは、こうした過去に学び、紙にも柱にも見合わない部分をチップとし、燃料として活用していきます。

林業との連携

image

かつて静岡県は、一大林業県でした。昭和40年台には年間154万㎥の木材を毎年生産しており、昭和45年の森林組合所属の林業従事者だけでも1,665人と、大きな雇用を抱えていた産業でした。しかし、現在では、年間木材生産量は27万6千㎥、県全体の林業従事者も944名まで落ち込んでしまっています。

私たちは、山林所有者、林業従事者、運送業者、森林組合等と密接に連携し、木質バイオマス発電という新たな事業で木材需要を起こし、新たな雇用を生み出していきます。木質バイオマス発電所では20名程度の雇用ですが、関連企業では100名程度の新たな雇用が見込まれています。これをきっかけに、林業従事者の増加と、木材生産量の増加に寄与してまいります。

自然循環

image

森は、植林するだけでは豊かになりません。植林し、適切に間伐し、枝打ちをしないと、光が差し込まず、下草すら生えない荒涼とした森になってしまいます。こうした森は保水力を失い、やがて地盤崩壊へと繋がる可能性が非常に大きくなって行きます。近年増加している土砂災害は、こうした事がその原因の一つと言われています。

また、近年、スギ花粉、ヒノキ花粉に由来する花粉症の増加に歯止めがかかりませんが、過剰な植林とその放置が、私たちのアレルギーを悪化させる根本的な原因となっているのです。
また、適切に管理されてない森は、二酸化炭素の吸収に対する貢献は少なくなります。二酸化炭素を最も積極的に吸収するのは、樹齢10~20年の木と言われていることから、植林、間伐、そして成熟木の伐採のサイクルを繰り返すことにより、二酸化炭素の吸収促進をすることが初めて可能なるのです。こうしたことを念頭に、私たちは、森林整備に寄与し、幅広く社会貢献ができるよう、努めます。

静岡バイオマス発電のご案内

バイオマス発電の仕組み
  • 1.燃料となる山林未利用材
  • 2.運搬・軽量・集積
  • 3.燃料化
  • 4.搬送設備
  • 5.発電
  • 6.集塵
  • 7.送電

1. 燃料となる山林未利用材

森林伐採を行う際、商品価値のある木材は5割、その他5割は商品価値の薄い「未利用」木材資源です。山林未使用材を使用することにより、森林管理・保全を積極的に行います。

閉じる

2. 運搬・軽量・集積

山林未利用材を貯木場に保管し、半年ほど乾燥させます。

閉じる

3. 燃料化

専用機械で破砕し、燃料として使用できる形にします。

閉じる

4. 搬送設備

燃料チップを搬送し、ボイラーで燃焼させます。

閉じる

5. 発電

循環流動層で木質チップを燃やし、発生した高温の排熱で蒸気タービンを回転させ、発電します。

閉じる

6. 集塵

バグフィルターを通した排気は、有害物質を一切含まない水蒸気です。発電所に併設されている「排気筒」で大気に放出されます。

閉じる

7. 送電

蒸気タービン発電機より製造した電気は、特別高圧を通し電力会社などへ売電します。

閉じる

■技術概要

発電所名 静岡バイオマス発電所(仮称) 御殿場バイオマス発電所(仮称)
計画予定地 静岡市葵区足久保口組字法事ヶ谷 御殿場市板妻735-1他
電力変換技術 高効率ボイラーによる汽力発電技術※
予定出力 5,500kW 6,250kW
予定燃料供給量 60,000トン/年、未利用木質資源 87,000トン/年、未利用木質資源
予定運転日数 340日/年
予定稼働時間 24時間
稼働予定時期 平成27年度内 平成30年
付帯設備 木材破砕設備※※、原木ストックヤード 原木ストックヤード

※流動層式ボイラーによる汽力発電技術は、古くからある安定した技術です。

※※施設近傍にて木質チップ燃料となる原木を受け入れ、破砕します。

pagetop